パワハラ・カスハラ問題一覧

悪質クレーム (カスハラ) の定義と その対応策ガイドラインを先行して考えてみました

悪質クレーム (カスタマーハラスメント) を行う人たちは理屈が通じる相手ではありませんので、理不尽な要求に対しては、 必ず毅然とした態度で、『申し訳ありませんが、できません』という対応を淡々と繰り返すのが最良の方法です。 

パワハラ防止法が成立したのに相変わらずパワハラする人に教えたい裁判事例と法的責任

「パワハラ防止法」が成立したのにもかかわらず、そのことを知ってか知らずか、懲りずにパワハラを行っている管理職 (パワハラが止められない上司) が相変わらず多いようです。 そんなパワハラ上司の方々に是非とも教えてあげたい『ハラスメント裁判事例と法的責任』について書かせていただきました。

パワハラ防止法がついに成立しました しかし罰則規定なしの骨抜き法でした!

今回のパワハラ法制化の一番のポイントは、「あらゆるハラスメントを許さない」という社会的な機運を背景にして、これまで企業には認められていなかった「職場のパワハラ防止のための対応策」が企業に義務づけられたということです。 ただ一方で、「業務上の指導との線引きが難しい」とする企業側の意向を受けて、パワハラ行為自体に罰則を与える規定は見送られることになりました。

悪質クレーマーの撃退方法とカスハラ対策のための指針作りが決定したこと

厚生労働省でもカスタマーハラスメント対策として、来年 (2020年) の春までに企業向けの『指針 = ガイダンス』を作ることになりました。 悪質なクレームは職場のパワハラに値するものとして認定し、専門の相談窓口を設けたり、本人の希望に応じてカスハラを理由とした配置転換を求めることを可能にしたのです。

”カスタマーハラスメント” 問題 暴言&悪質クレームの酷い実態を見よ!!

大声で怒鳴ったり、土下座を要求したり、代金の支払いを拒否したり、不当な金銭要求をしてくる者がいます。 客という立場を悪用して、暴言を吐き、反抗できない相手を恫喝し、さらには悪質なクレームをつけるという、実に悪質で汚い行為を行う人達が目立って増えてきているのです。 

何故すぐキレる「暴走老人」が増殖するのか?その理由が分かった!!

最近、日本で話題になっているのが、すぐにキレる高齢者の問題です。 駅や病院などの公共の場での暴力、暴言、犯罪行為などが取り沙汰され、高齢者に対する反感の声も強まっています。 何が起こっているのでしょうか? 日本の高齢者は、なぜこうも不機嫌で暴力的になってしまったのでしょうか。

介護職のハラスメント被害と介護職による高齢者虐待 やりきれない気持ちになる「負の連鎖」

介護現場で働く人たちが利用者 (介護される人) や、その家族から受ける暴言・暴力・性的嫌がらせといったハラスメント被害が深刻化しています。 また逆に介護施設に入所している高齢者に対する、介護職員による虐待もまた深刻な問題になっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク