認知症一覧

ながらスマホ→スマホ依存症→スマホ脳過労→スマホ認知症 破滅への一本道

脳の処理能力が落ちると「脳過労」状態となりますが、特にスマホなどの IT機器に頼りすぎて脳機能が低下した状態を、「スマホ認知症」と呼ばれています。「デジタル認知障害」と呼んでいるところもあるようです。それでもあえて “スマホ「認知症」” と呼ぶのは、 その方が多くの人に大きなインパクトを与え、警鐘を鳴らすことができるからです。 

認知症を予防するための新手法は見つかったのか?新・認知症大綱を見てみたら・・

新・認知症大綱では、認知症になっても地域で安心して暮らしていけることを「共生」と捉え、もうひとつ認知症の発症や進行を遅らせることを新たに「予防」と定義しました。認知症の「予防」について、「発症を先送りする」という意味ならば、予防できる可能性はあります。 

“老後2000万円”より深刻 金融庁報告書の本当のテーマは「認知症問題」だ 

この金融庁報告書が本来言いたかったこと、本当に必要な議論と考えていること、本当のテーマ、それは「認知症問題」なのです。 これはつまり、もし認知症になった時に自分の金融資産をどうするのか、どう守るのか、ということを訴えているのです。

認知症対策にも有益! 財産を守る”任意後見制度”を活用してみましょう

「任意後見制度」は、認知能力が低下する前にあらかじめ任意後見人になる人を決めて、その人と任意後見契約を結び、将来認知症などで判断能力が不十分になった時に支援を受ける制度です。準備として最適なのは、やはりどう考えても認知症になる前に、まだ健全な頭脳でいるうちに最も信頼できる人物に後見を依頼しておくことです。

認知症高齢者700万人 保有金融資産200兆円時代の認知症マネー凍結リスクに備える

認知症の高齢者が2025年には700万人を超える見通しで、実に65歳以上の高齢者の5人に1人が認知症になるという計算になります。また認知症患者が保有する金融資産は2030年にはなんと今の1.5倍の215兆円に達し、日本の全ての家計の金融資産の1割を突破しそうだという試算がなされています。 

「認知症」の人のために家族ができること そして絶対にやってはいけないことを提言します

「認知症の人のために家族ができること 10か条の提言」と題して、家族が気をつけておかなければならない認知症の人への接し方を書いていきたいと思います。また認知症になってしまった親に対して、他の家族が絶対にやってはいけない行動や言動について特に注意していただきたい点を書いてみました。 

「認知症の人のための意思決定支援ガイドライン = 指針」が公表されました

認知症の人が、自分が受けたい医療や介護、または日常生活をどんなふうに過ごしたいのかについて意思決定をする際の、周囲の人々の支援のあり方について、厚生労働省が指針 = ガイドラインを公表しました。 認知症の人は実際には配慮してあげれば本人が意思を表明でき、周囲がそれを汲み取ることができるとしています。

認知症に備える認知症保険と 認知症高齢者のための損害保険の上手な加入の仕方

現在日本では高齢化を背景に認知症患者が増加し続けています。 認知症を患うことで保有財産が詐欺被害にあったり、他人に迷惑をかけて損害賠償を請求されたりする例も目立ち、生命保険や損害保険の分野ではこうしたリスクに対応する商品が次々と登場しています。

高齢ドライバー 低下する認知能力 親に運転をやめてもらう一番の方法とは?

高齢者ドライバーによる痛ましい交通事故が後を絶ちません。その原因として目立つのが高齢者の皆さんの認知機能の低下によるものです。認知能力の衰えた親にどうしたら運転を止めてもらえるでしょうか。 運転を止めてもらうには、高齢者の気持ちを理解してあげて、その人に合った対応をすることが大切です。

超高齢社会における認知症リスク 認知症による銀行口座凍結を防ぐには?

もしあなたの親が認知症になったら日常の介護で大変なことになることはもちろんですが、それよりも親名義の預貯金を家族であっても引き出すことができなくなってしまうということのほうがもっと大変なことです。親の銀行口座が凍結されてしまうのです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク